泣きたい時にきく音楽#3 NO NUKES JAZZ ORCHESTRA / 満月の夕

 

解き放て 生命で笑え 満月の夕
解き放て 生命で笑え 満月の夕

 

(作詞・作曲:中川敬 & 山口洋)  

 

 

タイトルは「満月の夕(ゆうべ)」と読みます。

もともとは1995年の阪神淡路大震災の復興を祈って作られた曲だそうです。あの1月17日の夜、空には満月が出ていたのだとか。

そして2011年3月11日の東日本大震災、この曲は再び人々の心を打つ曲となります。ご紹介するのはアン・サリーさんとNO NUKES JAZZ ORCHESTRAのコラボレーションによるバージョン。

 

震災被害を不妊や流産・死産と同列に考えるのは間違っているかもしれません。

 

でもこの曲の持つ、

 

どうしてこんなことがという、やるせなさ。

でもなんとかそれを受け入れる、いさぎよさ。

そしてまた前に向かっていこうとする、つよさ。

 

そんなエネルギーを感じると、少し泣いた後にはまた力が湧いてくるようにも思えるのです。とてもとても美しい曲なのでぜひ聞いてみてください。

 

2012年「NO NUKES JAZZ ORCHESTRA (ノー・ニュークス・ジャズ・オーケストラ)」収録曲

NO NUKES JAZZ ORCHESTRA

 

 

 

次回は不妊治療記「37.3度目の移植とフライング検査」です