ブルームーン

 

2年前の1月、ココが産まれようとしたその日の夜空には大きな満月が出ていた。だからボクたち夫婦にとって、1月の満月はとても特別なものになっている。

 

ココが産まれたことは喜ぶべきことで、祝福すべきことで、「おめでとう」と言うべきことであることは分かっている。それでもやっぱり、あの月を思い出すことはとてもつらい。

 

聞いた話だと今年2018年の1月には、なんと2度も満月が現れるらしい。月の周期は29.5日だから、なるほど、そういうこともあり得るのか。

 

ココが産まれるまで、ボクは月の形になんか何の興味もなかった。

 

この珍しい現象に、「ブルームーン」なんてきれいな名前がついていることなんか、もちろん知らなかった。

 

こちらもどうぞ↓