10.満月の出産予定日。そして…

  奥さんと入ったカフェ。となりのテーブルの男性は奥さんのおなかを見て、そっとタバコの火を消してくれました。 奥さんと行った焼き肉店。ご主人は力が付くようにと上等なお肉をサービスしてくれました。 離れて暮らす家…

続きを読む →

11.陣痛

  出産予定日、満月の陣痛。 病院に到着し、奥さんは車いすに乗って産婦人科病棟の「陣痛室」と書いた大部屋に案内されました。   奥さんのおなかにはすぐに分娩監視装置(EFM)のセンサーベルトが巻かれま…

続きを読む →

12.緊急帝王切開

  「あれ…?」   分娩監視装置のココの心拍の数値が、さっきまでの150台から90近くに落ちていました。 助産師さんは急いで奥さんの脈をはかりました。でも奥さんの脈ではない。やっぱりココの心拍がおか…

続きを読む →

13.死産

  案内された病室。そこでしばらく待っていると手術着姿の主治医の先生が入ってきました。その顔に笑顔はありませんでした。   「陣痛中におなかのお子さんの心拍が急激に低下したため、緊急で帝王切開を行いま…

続きを読む →

14.ココ

  病室に、透明なアクリル製の ベビーベッドが運ばれてきました。     真っ白なベビー服を着た、 小さな小さな赤ちゃん。     ココでした。   &nbsp…

続きを読む →

15.病理解剖

  ココのいる病室で、ボクたちは主治医の先生からココの病理解剖させてほしいという申し入れをうけました。ココが亡くなった原因を調べたいとのことでした。     実は手術が終わってまだ奥さんが病…

続きを読む →

16.悔しい

  翌朝、ボクは離れて暮らす姉に電話を掛けました。   2つ年上の姉も、実は3か月前に長女を出産したばかりだった。40手前の高齢出産ではあったけど、何とか無事に普通分娩で出産した。   ココ…

続きを読む →

17.お葬式の準備

  お見舞いにきてくれた義母に奥さんのことを任せて、ボクはココのお葬式の準備をはじめました。 ボクたちは葬儀屋に任せた格式ばったものではなく、ボクたちらしい方法でココを見送ってやりたいと考えていました。 担当の…

続きを読む →

18.グリーフケア

  たとえ死産であっても、母親の身体はちゃんと子を育てる準備をする。残酷にも。 先生とも相談して、奥さんは薬でお乳を止めることになりました。   母親の血液が、母乳となって子供に栄養を与える。 あまり…

続きを読む →

19.泣かない

  ココの死産から3日目の朝。 ボクは担当の助産師さんに別室に呼び出されました。   「お子さまが亡くなられて今日で3日になります。おそらくとてもつらい思いをされていると思うのですが、この3日間お世話させていた…

続きを読む →