いつもそばに

  抱っこしたりベッドに寝かせたりしていると、べべはふいに何もない空中の一点をじっと見つめて、時にはニヤリと笑いだしたりすることもある。   まぁどんな赤ちゃんにでもあることなのかもしれないけど、 &…

続きを読む →

代理母

  「代理母」に関しては不勉強であまりよくわからない。不妊治療の一つの(というかかなり発展的な)オプションであるとは知っているけど、技術的・制度的・倫理的にどのような問題があり、それが合理的に解決できるものなの…

続きを読む →

人生で一番悲しい日

  人生で一番悲しい日を挙げるとするなら、それはココが亡くなった日ではなく、ココと最後のお別れをした、あのお葬式の日だったと思う。   ココが産まれて亡くなった日は、目まぐるしく変わっていく出来事や感…

続きを読む →

お宮参り

  少し前のことなのだけど、家族で近くの写真館に、べべのお宮参りの写真を撮りに行った。母からの提案で、ココの写真も一緒に持っていくことにした。   ボクの家族、奥さんの家族の撮影が終わって、ボクたち夫…

続きを読む →

手術の日のこと

  べべの手術の日のことを書こうと思う。   計画帝王切開で産まれたべべは標準よりは少し小さかったけど、元気に動き、元気に泣き、元気にミルクを飲んでいた。出産直前の、あのヒリヒリするような緊張や不安も…

続きを読む →

手術の日のこと2

  普通のものより頑丈で重々しい作りの保育器(ドクターカー用のものらしい)に移されて、べべは病室を出て行った。生後5日の子どもがこの状況を理解できているとはとても思えないけど、病室を出るときのべべは確かに、じっ…

続きを読む →

手術の日のこと3

  夜の病院の廊下は人気もなく、緑色の非常灯だけがやたらと目についた。べべが入っていった手術室と、ボクたちが案内された待合室には煌々と明かりがついているのに、それを隔てる廊下が真っ暗なのがなんだか落ち着かなかっ…

続きを読む →

ルーティン

  仕事で聞いた企業コンサルタントの人の話。   組織として個人として、より良い能力を身につけようと思ったら、良い行いを習慣化するといい。習慣は習練となり、習性になる。そのためにはまず、どんな事でもい…

続きを読む →

思い出を手放す

  ココが亡くなってからいろんな人にいただいたお花を、奧さんはドライフラワーにしてずっと残していた。たくさんの小瓶に詰まったいろんな色、いろんな香りの花たち。先日ボクたちはそれを、ココの桜*の根元に撒いた。 &…

続きを読む →

悲しみの比較

  悲しみの比較なんてするべきじゃないことはわかっているけど、それでも子どもを亡くした悲しみは特別だと思う。   子どもがいなくなった自分のことだけが悲しいんじゃない。   きっとあの子にだ…

続きを読む →