40.ありがたいね

 

ボクの奥さんにはとてもステキな口癖がある。

 

「ありがたいね」

 

父は亡くなる前に、ココの桜を植えてくれていた。

母はココのためにいつもたくさんのお花を飾ってくれている。

兄は携帯の待ち受けをココの写真にしてくれていた。

姉は連絡をよこさないことが、姉なりの気遣いだ(きっとココと同い年の娘の話になってしまうから)。

弟はココの大事な日をちゃんと覚えてくれている。

妹はココのことを話すときの一番の相談相手だ。

姪っ子は毎朝ココの写真におはようを言ってくれるらしい。

叔母はいつも季節ごとにココのために贈り物を贈ってくれる。

職場の上司はつらいときに仕事の負担を減らしてくれていた。

火葬場の係の人はとても丁寧にココのお骨を拾ってくれた。

友達はみんなボクたちの話をだまって聞いてくれて、ココの名前を呼んでくれる。

 

もちろん、

不妊クリニックの先生。

カウンセラーの看護師さん。

産院の先生たち。

スタッフさんたち。

 

そして、

このブログを読んで共感してくれる人。

励ましのメッセージをくれる人。

元気づけられた、と言ってくれる人。

他の人にも読んで欲しい、と思ってくれる人。

 

「ありがたいね」

 

いろんな人のやさしさを感じた時に、ボクも自然とそう言うようになった。どうも奥さんの口癖がうつってしまったらしい。でも毎日のようにこの言葉を口にするお陰で、ボクたちは心穏やかに過ごせる日を少しずつ増やすことができている。

 

ひょっとしたら天国のココも、この言葉が口癖になってるかもしれない。ココが意味も分からずに口真似だけで「ありがたいね~」なんて言っていたら…想像しただけでボクは悶絶してしまうな(笑)。

 

 

 

41.それから」へつづく