ココがいなくなってから育て始めたバラの花たち。今年の冬は伝染病にやられてしまって、ほとんどが枯れてしまった。残った一株も元気がなく、ところどころ既に病気にかかってしまっていたのだけど、それでもその株は、大きな蕾を一つつけていた。

 

その蕾がまた開くことを期待しながら世話をした。鉢を移し、土を変え、肥料をあげた。YouTubeの解説動画を参考にしながら、不要そうなところを慎重に剪定した。その甲斐あってかバラはまた元気を取り戻し、新芽を出して葉を茂らせてきている。うれしい。

 

蕾は、結局開かなかった。けれど、まだ切り落とさずに置いてある。

 

なにも奇跡を信じているわけじゃない。自分自身が開くことはなくても、また次の命につなげてくれたこの蕾のことを、とても愛おしく思っているからだ。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 にほんブログ村へ