思い出を手放す

 

ココが亡くなってからいろんな人にいただいたお花を、奧さんはドライフラワーにしてずっと残していた。たくさんの小瓶に詰まったいろんな色、いろんな香りの花たち。先日ボクたちはそれを、ココの桜*の根元に撒いた。

 

ココの思い出としてずっと残していたものを手放すことには、もちろんそれなりの寂しさがあるけれど、見方によっては前を向いて進むことであり、気持ちの整理や区切りをつけたこととも言えるかもしれない。

 

でもボクはそういった心情の変化に、無理に理由付けしたくない。それはごく自然に訪れて、ごく自然に受け入れた変化だと思いたい。

 

ちょうど花びらが散るように。

さりげなく、ふわりと。

 

 

こちらもどうぞ↓

 

 

 


にほんブログ村 にほんブログ村へ