孤独なツイート

 

おなかの中で子どもが亡くなっていた。

明日、処置する。

誰か、なにか声をかけてほしい。

 

 

この悲痛なツイートを目にしたのは数日前のことだ。

 

圧倒的な孤独の中に、いまこの人はいるのだろうなと思った。

思い描いていた生活や、仕事や、未来や、そんなものが目の前からあっという間になくなって、希望の光なんかなくて、進む方向がわからなくなって(どこに進んでもあの子は帰ってこない)、真っ暗で。

 

先のことを考えるのも怖い。周りへの報告。社会や仕事からの孤立。黒い気持ち。またあの苦しい妊活をはじめるのか。そして何より明日には、つらい処置が待っている。

 

そんな孤独から、この人はSNSに救いを求めたんだろう。とても勇気のある行動だと思う。

 

数百もの返信メッセージは、決して悲しみを消し去ってくれるものじゃない。それでもそのメッセージが、少しでもこの人の力になったことを、この人とご家族にとって祝福すべき時間の助けになったことを、心から祈っている。

 

 

 

 


にほんブログ村 にほんブログ村へ