夫の気持ち

 

 

やまもとりえ 「ねこでよければ」第8 (画像はHPより借用)

 

SNSを通じて知ったこの漫画のストーリーは、流産死産後の夫の気持ちを、とてもとてもうまく描き表していると思う(作者も流産経験者とのことなので、実体験に基づいたものなのかも知れない)。

 

「自分のことはどうでもいい。妻になんとか、元気になってもらいたい」

多分、ほとんどの夫がこう思い、行動する。

元気づけよう、前向きになろう、自分達に起こったことはそう悪いことではないと考えよう。

 

だからこそ時に虚勢を張り、何事もなかったかのように振る舞い、子どもがいなくても俺は大丈夫だよ、なんて言い出したりする。自分まで悲しんでいては、妻が立ち直れないと考える。

 

でも多分、本当に必要なのはそういうことじゃないと思う。

本当に必要なのは、素直に悲しみを表現することだ。正直に寂しさを言い表すことだ。自分も同じ気持ちだと、ちゃんと妻に伝えることだ。

 

自分の子どもが亡くなった悲しみ。

想像していた未来が無くなった絶望。

最悪のことが起きたのだという閉塞感。

 

やるせないきもち。

羨ましいきもち。

妬ましいきもち。

 

黒いきもち。

 

 

自分も同じだよと、ちゃんと伝えた方がいいと思う。

 

我が子を失った悲しみを乗り越える特効薬なんてあるわけない。だから、無理に元気づけなくていい。元気になんかなれるわけないことを、ちゃんと理解できていればいい。

 

そのうえで、一緒に悲しもう。一緒に泣こう。どうすれば天国のあの子が喜ぶか、一緒に考えよう。

 

多分それが、一番いいと思う。

 

 

関連記事

流産を経験された旦那さまへ死産を経験された旦那さまへ」もどうぞ。

 

 

 

 


にほんブログ村 にほんブログ村へ