あらためて、真夏の通り雨

 

あの激情は、確かに真夏の通り雨に似ている。

 

ボツボツとした不穏な雨は、張り詰めた気持ちをふと遮って、あっという間に全身を濡らしていく。

 

そんな時は、できるだけ動かないほうがいい(動くと余計濡れてしまうから)。

 

じっと身を潜めて、

じっと息を潜めて、やり過ごすのが一番いい。

 

 

大切なひとを亡くした激情は、確かに真夏の通り雨に似ている。

 

それでも、その季節の終わりを「さみしい」と感じてしまうことも。

 

 

 

 


にほんブログ村 にほんブログ村へ