光る星

 

あるとき人前で、ボクにとってのココは、ココの記憶は動かない北極星のようなものだという話*をした。回り続ける天体の中でそこだけは常に、これからもずっと、時間が止まったままなのだと。

 

するとそれを聞いた方がこうおっしゃった。

 

「北極星は誰からも見える星ですものね」

 

あぁ、その通りだなとおもった。

 

ボクにとってだけでなく、

今でも自宅に写真を飾ってくれている親や兄弟や、

名前を呼んでくれる友人たちや、

毎日このブログを訪れていただける、たくさんの天使ママパパさんや、

そしてもちろん奥さんにとっても、ココは同じ場所でずっと光る星であり続けてくれる。

 

最初に比べれば、少しずつその光は小さくなってきたのかもしれない。それでも消えてなくなることは絶対にない。たぶん、誰にとっても。

 

そう思うとうれしくなった。ココがずっと、一緒にいてくれる気がした。

 

*天使パパのつぶやき「ポラリス

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 にほんブログ村へ