光る星

  あるとき人前で、ボクにとってのココは、ココの記憶は動かない北極星のようなものだという話*をした。回り続ける天体の中でそこだけは常に、これからもずっと、時間が止まったままなのだと。   するとそれを…

続きを読む →

死にたい

  ココがいなくなってしばらくは、「死にたい」とまでは言わなくても、それもいいかな程度には思っていた。ココに会えるならそれもいいかな程度には*。   でも今はそうは思わない。だってボクの生活の中に、人…

続きを読む →

悲しみはそこから「次へ進む」ものではなく、共に歩んでいくもの

    もし死産や流産を経験したあなたが、 笑ったり、嬉しくなったり、また次の幸せを望むことに違和感や罪悪感を感じたりすることがあったら、 ぜひこの動画を見て欲しいです。   作家ノラ・マキ…

続きを読む →

歩く道

  ココがいなくなった悲しみを「乗り越えた」と思ったことは一度もない。上り坂がピークを超えて下り坂になった感覚は、今もない。そんなこと、多分これからも思わないような気がする。   それでも少しずつ心穏…

続きを読む →

天使ママのみなさまへ

  天使ママのみなさまへ   5月12日。 今日は「母の日」です。 みなさんの日です。   家事サボってよし! 欲しいものポチしてよし! プレモル飲んでよし!   そして今日はいつもより、 あなたの天使と たくさんお話し…

続きを読む →

スピリチュアルケア

  いままでの記事(「53.おおきなお世話」「57.傾聴」「64.帰り道」)でも書いている通り、悩んでいる人の話を聞くというのはとても難しいと感じる。自分にもつらい時期があったからこそ、余計なことを言ってしまっ…

続きを読む →

休みは休む

  昔見たテレビ番組で、学者たちがタレントの悩み相談に答えるという企画があって、その中である女性タレントの「休日に何をすればよいかわからない」という悩みに対して、学者が「休みなんだから休めばよいではないか」と答…

続きを読む →

コントロール

    感情はコントロールできないけど、行動はある程度コントロールできる、と思う。 例えば試験勉強のとき、勉強意欲を湧かせることはできないけど、とりあえず図書館に行くことはできる、みたいな。 &nbs…

続きを読む →

傾聴

  職種も経歴も違うけど、その先輩のことは大好きだった。ココのことがあった時も、その人は本気で泣いてくれた。いずれはその先輩みたいな心の温かいオジさんになりたい、とずっと思っていた。   だからこそそ…

続きを読む →

きかんしゃトーマス

  子供向けのテレビ番組には、ときに驚くほど示唆に富んだセリフが登場する。何気なく見ていた「きかんしゃトーマス」のはなし。   主人公は、大好きな親友が遠くに行ってしまったことにとても落ち込んでいます…

続きを読む →