大晦日

  正月より大晦日のほうが好きだ。騒がしく浮足立った正月に比べて、大晦日は清潔で中立的な感じがするから。   去年の大晦日はどう過ごしていたかな? 去年はまだずっとココのことを考えて過ごしていた。とて…

続きを読む →

17.不妊治療休みます

  3回目の人工授精が不成功に終わった後、言い出したのはボクの方でした。   「次ダメだったら…ちょっと休もうか。」   通っているクリニックの方針としては人工授精は6回トライしてダメなら次…

続きを読む →

16.ピックアップ障害

  このころから奥さんはよく「ピックアップ障害」という言葉を口にするようになりました。 ピックアップ障害とは「卵管采の形が変形していたり、卵管が腹腔内に癒着して自由に動くことができず、卵子の取り込みがうまくでき…

続きを読む →

15.ここトト、奥さんに叱られる

  不妊クリニックに通うようになって、気が付けば1年以上が経過し、通院回数は数えきれないほどになっていました。とくに人工授精を始めてからは月に3~4回。奥さんに必ず付き添っていたボクは、すっかり通院に「慣れ」て…

続きを読む →

14.先輩の妊娠

  人工授精なんていかつい名前がついていても、やることはあっさりしたもの。 ホルモン剤の注射やなんかで排卵の調整をして、いよいよという日に採精(ボクはかならず病院で)。待合で数十分待ったら奥さんが呼ばれて内診室…

続きを読む →

13.カミングアウト

  人工授精に移行していくにあたってひとつ大きな問題にぶつかりました。 それは「職場」。   人工授精ではタイミング法に比べて通院回数も多くなるし、受診日もシビアになってきます。「次の受診はだいたいこ…

続きを読む →

12.35歳。人工授精。

  結局タイミング法ではうまくいかないまま、奥さんが35歳になったのを期にボクたちの不妊治療は人工授精にシフトしていくことになりました。   35歳… 30代“後半”。四捨五入すれば40歳 妊娠率は下…

続きを読む →