試験管ベビー

  不妊、諦めないで=世界初「試験管ベビー」40歳に 2018/7/28 Jiji.comより   ボクたち夫婦が体外受精のことを考え始めた時、やはり真っ先にうかんだのはそれに対する世間的な(あるいは…

続きを読む →

大晦日

  正月より大晦日のほうが好きだ。騒がしく浮足立った正月に比べて、大晦日は清潔で中立的な感じがするから。   去年の大晦日はどう過ごしていたかな? 去年はまだずっとココのことを考えて過ごしていた。とて…

続きを読む →

20.帝王切開後の体外受精

  4日目。   ボクは朝の診察に来てくれた主治医の先生を呼び止め、少し二人で話をしました。   「もしまたボクたちが子供が欲しいと思ったら、いつから不妊治療を再開することができるでしょうか…

続きを読む →

39.誕生日移植。そして…妊娠!!

  4回目の移植日はなんと奥さん37歳の誕生日。 理系男子のボクがこんなことをいうのもおかしいけど、これは何だか縁起がいいような気がする。今度のタマゴはきっと何か持ってる。 移植を終え、いつものように可愛らしい…

続きを読む →

38.再び…化学流産

  3度目の胚盤胞移植、その判定日。尿検体を提出した奥さんと待合へ。 フライング検査は正直よくわからない結果だった。結局、今日この判定がすべてだ。 過去2回の経験からわかっている。 陽性なら内診室から、陰性なら…

続きを読む →

37.3度目の移植とフライング検査

  3度目の胚盤胞移植。いつもどおり滞りなく。そしていつもどおりモリモリパスタ。今回は不育症対策として早めにアスピリンの飲み薬が処方されました。   ちなみにこのアスピリン、薬品名は「小児用バファリン…

続きを読む →

31.不育症

  2度目の胚盤胞移植が失敗に終わったと分かり、がっかりするボクたちに先生から出た言葉は思いもよらないものでした。   「不育症の検査をしましょうか」   不育症!?   「不育症…

続きを読む →

30.2度目の胚盤胞移植

  数か月後、ボクたちは2度目の胚盤胞移植に挑みました。 移植したタマゴはグレードBB。着床率30%。今回はAHA(アシステッドハッチング)はアリで。でも別に親不孝なタマゴとは思わない(笑)*。   …

続きを読む →

29.癒す旅

  ボクたちは揃ってとれた連休を利用して1泊2日の小旅行を計画しました。   でも…   ダイチが死んで間がないのに 悲しみはちっとも無くなってないのに   その傷を旅行で癒して …

続きを読む →

28.水子供養

  ダイチがいなくなってしまった日の夜。   仕方なかったんだ。 どうすることもできなかったんだ。 誰も悪くないんだ。 ボクたちも、もちろんダイチも。   そう2人で何度も確認しあいました。…

続きを読む →