夫の気持ち

    やまもとりえ 「ねこでよければ」第8回 (画像はHPより借用)   SNSを通じて知ったこの漫画のストーリーは、流産死産後の夫の気持ちを、とてもとてもうまく描き表していると思う(作者…

続きを読む →

次の子を望むこと

  ココがいなくなってから約一年後。また不妊治療を再開したときのボクたちが考えていたのは、ココの代わりを探すことでも、ココが帰ってくると期待することでもなかった。ただごく自然に、たぶん生きている子の親が思うのと…

続きを読む →

悲しみはそこから「次へ進む」ものではなく、共に歩んでいくもの

    もし死産や流産を経験したあなたが、 笑ったり、嬉しくなったり、また次の幸せを望むことに違和感や罪悪感を感じたりすることがあったら、 ぜひこの動画を見て欲しいです。   作家ノラ・マキ…

続きを読む →

歩く道

  ココがいなくなった悲しみを「乗り越えた」と思ったことは一度もない。上り坂がピークを超えて下り坂になった感覚は、今もない。そんなこと、多分これからも思わないような気がする。   それでも少しずつ心穏…

続きを読む →

孤独なツイート

  おなかの中で子どもが亡くなっていた。 明日、処置する。 誰か、なにか声をかけてほしい。     この悲痛なツイートを目にしたのは数日前のことだ。   圧倒的な孤独の中に、いまこ…

続きを読む →

天使ママのみなさまへ

  天使ママのみなさまへ   5月12日。 今日は「母の日」です。 みなさんの日です。   家事サボってよし! 欲しいものポチしてよし! プレモル飲んでよし!   そして今日はいつもより、 あなたの天使と たくさんお話し…

続きを読む →

それでもやっぱり

  不妊治療の結果とはいえ、妊娠が叶い、 流産死産を経験したとはいえ、結果的に次の子を授かったボクたちでも、 妊娠出産の話題にはいまだにナーバスになることに、驚く人もいるだろう。     ど…

続きを読む →

休みは休む

  昔見たテレビ番組で、学者たちがタレントの悩み相談に答えるという企画があって、その中である女性タレントの「休日に何をすればよいかわからない」という悩みに対して、学者が「休みなんだから休めばよいではないか」と答…

続きを読む →

きかんしゃトーマス

  子供向けのテレビ番組には、ときに驚くほど示唆に富んだセリフが登場する。何気なく見ていた「きかんしゃトーマス」のはなし。   主人公は、大好きな親友が遠くに行ってしまったことにとても落ち込んでいます…

続きを読む →

パトカー

  もう4年になるのか。 あの日もこんなに暑かったのかな。 それとも、やっぱり今年が異常なんだろうか。   ココやべべの話ばかりしてごめんね。 でも一番最初にママのお腹にきてくれたお前のことは、いつだ…

続きを読む →